ESCO 大阪&東京英会話サークル

大阪・梅田近辺(隔週土曜日)と東京・新宿近辺(月1日曜日)で英会話サークルを開催しています。

ESCOとは…

 

ESCOは、大阪・梅田近辺と東京・新宿近辺で活動をしている英会話クラブです。

ESCOでは、英語力だけではなく、コミュニケーション力の向上を目標に、ディスカッションを中心とした活動を行っています。

例会のトピックは、TEDのプレゼンテーションや、最近の流行から社会問題まで幅広く取り扱います。 英会話の上達に大事なことは、英語をたくさん話して使うことです。しかし、ほとんどの人は仕事や日常生活の中で英語を話す機会が多くありません。 ESCOはそのような方々に英語を話す機会を提供しています。

ESCOには様々なバックグラウンドを持つメンバーがいて、お互い良い刺激を与え合いながら英語力を高めていきます。また、それだけでなくディスカッションを通じて多くのことを学ぶことができます。

みなさんにとって新しい人に出会い、学び、友だちを作っていただける場になれば嬉しいです。

 

公式ホームページ

http://esco-english-osaka.com/

からお申込みできます。

 

ベトナム での暮らし

Xin Chao!!

 

ご無沙汰しております。

ベトナム 駐在のKです。

f:id:esco2014:20180729111503j:plain

 

Hagyから指名を受け、投稿することとなりました。

 

7月より始まったこちらの暮らしについて簡潔に書きます。

 

昼食・・・ベトナム人スタッフと食べています。会社にいる日本人は私だけです。ご飯のプレートを渡され、おかずを10品目から選んでとります。一食、150円です。

f:id:esco2014:20180729111529j:plain

 

言語・・・20〜30人に1人が英語を話すイメージです。コーヒー店にいって”Ice black coffee”と頼んでも通じません。タクシーを呼ぶのもベトナム語ができないと難しいです。

雨の日に外回りした日は絶望しました笑。英語だけではやっていけません。

そのため、先週よりベトナム語のプライベートレッスンに通い始めました。

 

仕事・・・日本から送った仕事関係の荷物の受け取りがまだ出来てないし、いきなり停電する(駐在開始20日で2日経験笑)し、日本ならすぐできることが出来てません笑。 長期的な目線を持つことが大切と思います。時間をかけてベトナム の仲間と実績を少しずつ作ろうと思っております。ちなみにバイクの通行量が多く、通勤はピーク時にはこんな感じです(私は自転車で通勤しております)。

f:id:esco2014:20180729111553j:plain

 

ベトナム人の性格について・・・

親日で優しいです。人のために行動することが好きみたいで、みんなが助けてくれます。また、いい意味でのんびりしていています(昼寝の文化有)。いつも助けてくれるベトナムの皆様に感謝しております。

 

*************************************************************************************************************

 

こんな感じです!まだ職場以外仲間もいないし、またまだ不慣れですが、私は、ベトナム での3年をいろんなことに挑戦し、有意義に過ごすと決めました。3年後に達成したい目標はたくさんあるけれど、その中にもちろん英語の上達を入れています。

 

上達した英語をお披露目したく(^.^)、ESCOの皆様と再会できる日を楽しみにしております!!

 

おっと、そして、次は○○○の兄貴を指名します!!

 

では!!Chao!!

夏到来!

こんにちは、ESCOのErikaです!
 
記録的な暑さが続いていますが、皆さま元気にされてますか?(^^)
 
わたしはこんな猛暑にも負けず、この前の3連休にESCO友と日帰り伊勢の旅に行ってきました!
 
パワースポットへ行き、海鮮丼を食べ(美味しいものを食べるためならカンカン照りの中でも列に並ぶ私たち)、パルケエスパーニャへ!
まさかこの歳で行くことになるとは思わなかったけど、、家族連れが行くところだと思ってたけど、、めちゃくちゃ楽しかった♡
小学生より叫びながらジェットコースターに乗るアラサー女子3人。笑
 
次の日は別のESCOメンバーで映画とベトナム料理を満喫!
 
ESCOで素敵な友達がたくさん増えてよかったな~ってしみじみ思いました!
皆さんもぜひ英語仲間を作りに、暑さに負けず例会に来て下さいね♪
 
それではまた!

ESCO the World ~マルタからの便り~

みなさんお久しぶりです!Hagyです。
 
直接お伝えできてなかった方が多数かと思いますが、実は仕事を辞めてマルタに語学留学に来ています!

 

f:id:esco2014:20180722082032j:plain

 
マルタはイタリアの下にある小さな島国。日本で言う沖縄みたいな場所です。海や町並みが美しく、毎日お酒に溺れ、一生分のバカンスを満喫している様な気分です。
 
 
今週で留学開始から4週間目。最初は聞き取れなかったヨーロッパ人の英語も徐々に分かるようになってきました。そして驚く事に英語で夢を見始めています。
 
 
留学に来て一番嬉しいことはヨーロッパ美女達に囲まれて勉強できる事!挨拶する際は毎回ほっぺたでキスするので幸せです!
 
 
さて、学校初日の授業で日本について紹介する機会があり、あえなく失敗しました。英語力以前に日本についての理解が足りなかったかったと思います
 
 
マルタに来て毎回思うことは、ヨーロッパ人の大多数が日本文化に興味を持っている事です。アニメ・漫画・ゲームは毎回話題となります。また先日のワールドカップでは、ロッカールームを清掃した事が話題となりました。日本はアジアの中でも特殊な文化や慣習を持っており、賞賛される事が多いです。
 
 
そこで問題となるのが、ヨーロッパ人の多くにとって僕が初めて会う日本人だと言う事です。自意識過剰ではありますが、僕の印象一つで何人ものヨーロッパ人の日本に対する印象を変えてしまうのが今の状況です。相手が好きなアニメについて詳しく説明すると喜ばれますし、相手が好きな漫画について知らないとガッカリされます。留学に来て切実に日本文化について学ぶ必要性を感じています。
 
 
出国前に「ローマの休日」を見たのですが、あんな1日を過ごしたい!と夢見て留学にやってきました。そのためにはナイスなジャパニーズガイにならねばなりません。ヨーロッパでアジアンボーイのモテなさは絶望的ですが、僕はヨーロピアンレディに興味津々です。
 
 
当面の目標はローマにデートに誘えるぐらいの魅力を身につける事。平日は必死で英語を学び、休日は日本アニメに釘付けです。
 
 
留学は日本とヨーロッパの両方について考えさせられる良い機会です!オススメして良いのかわかりませんが、仕事を辞めて留学に行く人生も結構楽しいですよ!!
 
f:id:esco2014:20180722082046j:plain

旅に出たくなる本

こんにちは。トシです。

 

ESCO4周年!そしてもうすぐ100回め!!ということでおめでとうございます。

 

ここまで続けてくれたスタッフの皆さん、いつも参加してくれてる皆さんのおかげですね。

本当に素敵な場所でいつもESCOに来るのが楽しみです。

これからも新しい出会いと、今あるつながりがもっと強くなって、この場所がずっと続いていくことを楽しみにしています。

 

さて、ESCOブログ書くのは3年ぶりくらいで何書こうか迷ったんですが、

今回は本について書きます。

 

夏が来ますね。私は夏の楽しみの一つとして旅があります。

ESCOでは旅好きの人が多く、いろんなお話を聞けるのも楽しみの一つですよね。

 

今回は旅に出たくなる本を2冊ご紹介します。

 

まず1冊目は、「うしろめたさの人類学」です。

 

本書ではエチオピアでの生活を元に社会を変革する道・つながりを取り戻すための手法を提言されています。

 

ここで表現されている社会への違和感は私自身、特に帰国した際にとても強く感じていたものであり、

それが何なのか自分でもうまく理解できていなかったんですが、この本を読むことですごく納得しました。

それと同時に日頃自分の感情に対して、うまくデザインされた日本のシステムにのって目をそむけているんだなー

ということに気付かされる1冊でした。

 

もう1冊は「バッタを倒しにアフリカへ」です。

 

著者が子供の頃からの夢を叶えるために、また博士として生活していくために向かったアフリカでのバッタとの奮闘記です。

 

想像もつかない現地での生活や、研究者としての生き方・情熱がカジュアルな文章で表現されています。

不安・困難の中でも行動して前に進み続けること、現地の人とのつながり、それを成し遂げる強さを感じる1冊です。

 

2冊ともおもしろいのでよかったらぜひ読んでみてください。

 

なんとなく観光中心の旅ではなくて、たとえ1週間という短い時間でも現地の人々の暮らしを知る、

非日常から違った視点で改めてモノゴトを見る、そして自分が何をするかを考える旅にしたいと思う今日このごろです。

 

皆さんのおすすめの本教えてくれると嬉しいです。

 

では次のブログを書いてもらうのは、たぶんマルタにいるであろう彼にお願いしたいと思います。

宜しく!!

Whataboutism -そっちこそどうなんだ主義-

こんばんは。ESCO中島です。

Whataboutismってご存知ですか?

 

和訳すると「そっちこそどうなんだ主義」または「お前だって論法」。

何か指摘されたときに、直接指摘に対して答えずに「そっちこそどうなんだ!」「お前がそれを言えた立場かよー!」と応酬する事で論点をすり替える手法だそうです。

ソビエトvs西欧列強によるプロパガンダ合戦の渦中で生まれた言葉だとか。詳細はリンク先参照。(Wikipediaですが…) 

そっちこそどうなんだ主義 - Wikipedia

 

 

仕事で何か指摘された際、思わず「お前がそれ!言うーーー!??(白目)」って思う事がありますよね。中島はメチャクチャあります。嘘です。たまにあります。

そんな時こそWhataboutismを思い出し、真摯に受け止めていきましょう。相手がどうであれ自分の問題を指摘されているのです。そうです。それが大人です。中島はまた一つ成長してしまいました。

 

 

 

ところで話は変わりますが、先日から日米英語学院に通い始めました。

www.nichibeieigo.jp

同じESCOスタッフのえりかちゃんに推薦して貰って通い始めたのですが、僕は英語が好きですが得意ではないので、日米英語学院の外人イケメン講師に依存する事で英語ペラペラになりたい所存です。みんな絶対応援してくれよな。

 

ではまたESCOでお会いしましょうー。

Sato Mami:Making the best of her life

 こんにちは。escoのT中です。最近は仕事がいそがしくなりまして、例会に行けないときも結構あって残念です。

 前回のtopicは私の作成担当だったのですが、大雨で電車が止まって、例会に間に合いませんでした・・・

 前回のtopic Sato MamiMaking the best of her life

パラリンピック陸上女子走り幅跳び佐藤真海さんについて取り上げました。佐藤真海さんのスピーチの英語は学校の英語教科書に登場したりと、英語の学習にも最適のものです。

 ワールドカップサッカーで盛り上がったりと、注目されるスポーツの話題。佐藤真海さんのスピーチをきっかけにスポーツの価値や意味について考えられたらと、今回まじめにtopicをつくりました。

 

 7日の例会に出席された方は、ぜひどんなディスカッションだったのか、お会いしたときに教えてください!

 

 

 

 

 さて、こちらも紹介です。

 最近お気に入りのYou Tuber 、ゆきりぬ  かわいい♡

   

恋ダンス

www.youtube.com

you tuber 定番のメントスコーラ

www.youtube.com

escoらしく英語勉強法。

www.youtube.com